ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト

ゲームなどの紹介をしてるブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ニンテンドーDS Lite クリスタルホワイト

私は指紋や細かいキズが目立ってきたジェット・ブラックから買い換えたくて、店頭でグロス・シルバーと迷いながらも・・思い切って携帯のM702is(Red)に合わせて、新色のクリムゾン・ブラックを選びましたが、その判断は正解でした。指紋のつかないつや消しの底面と内装、照明の加減で明るい赤から深い赤へと美しく表情を変える天板。その質感のよさには文句のつけようがありません。質感と高級感を求めるユーザーにとって、光沢を抑えた初代DSのグラファイト・ブラックが市場から消えた今、現時点(2007年10月)では、クリムゾン・ブラックの完成度が最高だと思います。底部は、内装と同じつや消し黒&滑り止め加工がしてあるので、ゴム臭いシリコンケースなどを無駄に装着する必要も無いでしょう。フィルムの保護は、上下画面と、深紅の天板部分の三点セットで十分です。

大人向けの色ということで、実物を見ないでグロス・シルバーを選んだ方は実際に手にしてみて失望するでしょう。私は店頭でシルバーの実物を改めてじっくり見たのですが、内装がシルバーというよりは、つやの無いねずみ色(グレー)であって、高級感のあるPSPのアイス・シルバーと並べるとどうしても「つくりの安っぽいおもちゃ」という印象を受けてしまいます。ボタンの塗装もブラックと比べてはげやすそうなので心配ですね。原価が余分にかかるのかもしれませんが、PSPも品質を上げてきていますし、高級感と質感を求める大人市場の拡大へ向けて、互いに競い合いながらよりより素材の選択にがんばって努力して欲しいですね。

ところで、夏ごろに報告の多かった黄ばんだ下画面の件ですが、この新色ブラックでは解消されていました。生産工場などによりやはり個体差が生じるのかもしれませんが、画面温度の違いを気にされる方は、購入時に店頭などで慎重に確認されることを強くオススメします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。