よつばと! 8

ゲームなどの紹介をしてるブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

よつばと! 8

ようやく出ましたね。
個人的によつばと!は読んでいる漫画のなかでも特に楽しみにしています。

よつばと!は1巻から巻を重ねるごとに絵柄の変化が大きくなってきています。
あずまきよひこ先生本人いわく、「6巻からちょっと新しい方向に入り、7巻でそれをちょっと進化させ、8巻ではその路線を徹底化しているところです。」という旨のことを本人のblogにて仰っていました。
では、何が変わったかというと、簡単に言えば、背景の細かさに変化が出てきています。

ここからは先生のコメントを踏まえた上で、すべて個人的な見解です。
1巻では、人物と背景の線の濃さ(?)が同じでした。
これはいわゆる非現実の世界の形だと思います。
しかし、8巻では、人物より背景のほうが薄く、細く書かれています。
これは、生きているものを無機的なものがはっきりと分けられている、いわば現実の世界の形に近いものだと思います。
もしも、絵にリアリティを求めるのであれば、有機的なものと無機的なものを分ける必要があります。
よつばと!1巻の世界も8巻の世界も絵の中の世界に過ぎず、非現実の世界です。
しかし、人物を背景よりも強く表現することで8巻は非現実の世界の中にリアリティが生まれている、と自分は思いました。

何はともあれ、8巻もすばらしいです。
キャラクターもオールスターで出てきますし、ついつい笑ってしまう話ばかりです。
巻を増すごとにパワーアップしていくよつばと!。
いつまでも続いて欲しい漫画ですね。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。